2021/10/28

今年は柚子が豊作です

我が家の柚子は昨年は大不作でしたが、今年は豊作です。まだちょっと早そうですが、完熟したら柚子ジャムや柚子湯が楽しめそうです。それに一昨年犬友達のジュディちゃんママの知り合いから教えていただいた柚子皮煮(正式名称は知りませんが・・・)にもチャレンジしてみようと思います。昨年は大不作で作れなかったので、二年ぶりです。



 

2021/10/25

チロ(その63):わ~い、ストーブが点いた!

だいぶ寒くなってきました。本格的な寒さが来る前に、ストーブの調子を確認しようと思って試運転を行いました。点火したら、とたんにチロが駆けて来てストーブの前に座り込みました。暑いのが苦手で、最近寒くなってきて元気いっぱいと思っていたのですが、今朝はストーブの前でくつろいで、呼んでも朝のお勤めに来ませんでした。寒いのが好きなのか暑いのが好きなのか、どうも良くわかりません。単にグータラなだけかもしれません。



 

2021/10/22

チロ(その62):まったく、朝の忙しい時に!

今朝、着替えを済ませ、靴下を準備して、顔を洗って、さあ靴下を履いて・・・
と思ったら、履こうとした靴下が見当たりません。「ここに置いておいたはずなのに、物忘れがひどくなったかな」とちょっと心配したら、後ろでチロが靴下をくわえて自慢そうな顔をしてしっぽをフリフリしていました。目が合ったら、サッと逃げ出して居間に行ってしまいました。追いかけてくるのを待っています。


寒くなってきたら元気いっぱいで、朝から『遊んで!』モードです。忙しい朝なのに、飼い主が必要なものをしっかりとキープして、取り返しっこです。この顔は怒っているのではなく、全力のお遊びモードです。ぺったんこの飛行機耳にして、しっぽブンブンで、鼻筋立ててしっかりくわえ、四つ足を踏ん張って引っ張りっこです。もうこうなったら、取り返すことが出来ても、よだれでベチョベチョでこの靴下は履けません。「まったく、この忙しい朝に!」と思いながらも、結局チロの遊び相手になってしまいます。




2021/10/18

今年も干し柿作りを始めました

例年よりも10日以上早く柿が色づき始めました。今年は昨年よりは若干不作のようです。それでも結構な数が生っていますので、昨日第一回目の干し柿作りを行いました。一度にたくさん作ると、干すところが無くなりますので、今年も一週間に100個くらいのペースで作る予定です。何個できるか楽しみです。
 





2021/10/16

イクラの醤油漬け

我が家は孫まで含め、全員イクラの醤油漬けが大好きです。なので、孫たちが泊りに来た時のために、生筋子が出回り始めたら、かなりたくさん醤油漬けを作って小分けして冷凍しておきます。去年・今年はコロナのために残念ながら孫たちは泊りに来られませんでしたので、冷凍したまま届けました。 

例年ですと、旬の時期に那珂湊のおさかな市場に生筋子を買い出しに行くのですが、今年は(一応緊急事態宣言は解除になりましたが)遠くへの外出は自粛して市内のスーパーで買っています。今年は北海道の鮭が歴史的大不漁とのことで、とても高くて驚いています。このスーパーは他と比べるとかなりお手頃な値段で売っていますが、それでも例年の7~8割増しの値段です。それにもめげずに、入荷の度に買い込んで、今年も結構な量を作りました。このスーパーには毎週2回生鮭が入荷し、それを捌いて生筋子を取り出して売っていますので、鮮度が良くてとても満足しています。



作り方は、まず生筋子をほぐすことから始まります。40℃くらいのお湯の中に入れると卵を包んでいる膜が縮んでほぐしやすくなります。その時に少し塩を入れる(3%くらい)と良いと言われています。ただのお湯ですと卵がつぶれやすくなったり、旨味が溶け出してしまうと言われています。本当かどうかはわかりませんが、とりあえず塩は入れています。筋子が温まったところで、手で丁寧にほぐしても良いですが、量がある時は餅焼き網にこすりつけるのが一番簡単です。卵がつぶれてしまいそうな気がしますが、実際はつぶれずに簡単にバラバラになります。

バラバラになっても、まだ薄皮や血合いがついていますので、水を替えながら丁寧に取り除きます。普通の水で大丈夫です。きれいになるまで何回か行います。結構根気のいる仕事ですが、ここで手抜きをすると出来上がりがきれいになりません。普通の水を使うと、卵の膜が水を吸って白くなってしまいますが、最後に塩水につけるとまた鮮やかな色に戻ります。最後の塩水を省略して、直接たれに漬けても大丈夫です。

【水で洗った直後】

【塩水に漬けた後】

家内の秘伝のたれは日本酒50mℓ、みりん25mℓ、だし醤油40mℓ、薄口醤油40mℓです。これを煮切って冷ましてから使います。この量でイクラ2腹(約500~600g)を漬けることが出来ます。少しずつ割合を変えて試して、一昨年からこれに落ち着きました。塩気がきつくなく、マイルドな味です。だし醤油を白だしに変えると出来上がりの色がきれいになりますが、塩味がきつくなるので普通のだし醤油を使っています。薄口醤油は普通の醤油でも大丈夫ですが、出来上がりの色が濃くなります。漬け時間は冷蔵庫で4時間です。


後は、たれを切って小分けして冷凍しておけば、次のシーズンまで問題なくおいしく食べられます。

2021/10/13

チロ(その61):お見送り

今朝、庭でフリーになっている時に、犬友達のラブラドールレトリーバーのジュディちゃんが来ました。門扉が閉まっていましたので、門扉をはさんでご挨拶をしていました。

チロがつながれていてジュディちゃんが庭に入ってくると、だいたいは大丈夫なのですが、気分次第でたまに「ガウッ!」と言う時があります。チロより一回り大きなジュディちゃんですが、大人しいので、チロに「ガウッ!」とやられるとしょげてしまいます。それから、不思議なのですが、チロはジュディちゃんにだけ一生懸命おしゃべりします。吠えるのではなく、話しかけるのです。なかなかタイミングが合わなくて録音できないのですが、そのうちにうまくレコーダーで録音出来たら載せます。

一通りご挨拶とお話が済んでジュディちゃんが帰って行ったら、今日はずっとお見送りしてました。お見送りしている後ろ姿もなかなか様になっています。








2021/10/12

秋映のアップルパイ

先日、いろいろなリンゴが出回り始めたので、秋映(あきばえ)でもアップルパイを作ってみようかなという話をしましたが、昨日家内がわけありの秋映を見つけてきました。ちょっと玉が小さく、キズのあるのも入っていましたが、一袋8個入りで驚くほど安い値段でした。ということで、早速アップルパイにしてみました。遠慮なくたくさん使って、こんなぶ厚いのを作りました。


果肉が硬いので、思った通り、しっかり煮込んでもかなりしゃっきりした食感です。紅玉ほどの酸味はないのでレモン果汁を加えました。紅玉とは香りも違いますが、これはこれで美味しく出来ました。家内は「お店で売っているような味ね」と言っていました。娘ははっきり「前(紅玉)のほうが好き」と言っています。
 

2021/10/10

チロ(その60):水、そんなに苦手じゃなくなったかも?

今日は天気もそこそこだったので、午前中からチロを連れて近場を歩いてきました。緊急事態宣言が解除になってから2回目の日曜日ですので、それなりに人出があるでしょうから、人があまり行かない穴場を狙って行ってきました。

娘の提案で、先ず那須疎水公園に行きました。ここは国指定重要文化財である那須疎水の旧取水施設のところに作られた公園ですが、公園とは言っても東屋が一つあるだけです。夏でしたら水遊びに来る子供もいるのでしょうが、今日は我々以外には、やはり犬を連れて遊びに来ていた人が一人いただけでした。水の大好きなゴールデン・レトリーバーで、川の中に投げてもらったボールを泳いで取りに行ってました。チロもそれに刺激を受けたのか、川にちょっと前足を入れました。



次に、近くの板室にある木の俣園地に行きました。ここも2~3組の家族がいただけで駐車場もガラガラでした。川のところに行ったら、チロは積極的に水の中に入り、川の中を歩き回ってました。リードが短いので行動範囲が限られていましたが、長いリードだったらもっと中まで入っていったかもしれません。帰ろうと言ったら、いやだと水から上がるのに抵抗していました。先日のなかがわ水遊園で実質初めて水に入ってから、水嫌いが若干変わったようです。来年の夏は水泳が出来るかもしれません。期待しましょう。




板室から横断道路を通って、途中のお蕎麦屋さんで1年ぶりくらいの外食をして、千本松牧場でデザートのソフトクリームを食べて帰ってきました。チロはお疲れのようで、帰ってきたら熟睡です。



 

2021/10/09

いろいろな種類のリンゴが出回り始めました

リンゴは、ここしばらくアップルパイ用に紅玉ばかり買っていたのですが、だいぶいろいろな種類が出回り始めました。つがる、早生ふじ、紅玉、きおう、秋陽と来て、私の好きな秋映が店頭に並ぶようになりました。今年の秋映の初物は買ったのではなく、犬友達(4月7日に載せたチロのお友達のジュディちゃんです)のところから頂きました。

秋映はしっかりと硬い果肉で甘みに対して十分な酸味もあり、バランスの取れた甘酸っぱい味です。果皮の色は独特の濃い赤色です。今回は秋映とともに長野県の「りんご三兄弟」の呼ばれているシナノスイートも頂きました。今月末から来月には名月や高徳も出てくるでしょう。楽しみな季節です。


秋映も、紅玉ほどではありませんが、結構酸味がありますのでアップルパイに向いているかもしれません。ただ、紅玉と比べると高いのが玉にキズです。紅玉は煮ると柔らかくなって煮くずれしやすいのですが、秋映は果肉が硬いので、煮くずれせずに硬めの食感のアップルパイが出来るかもしれません。一度試してみようかと思います。

2021/10/06

故佃公彦さん

皆さんは佃公彦さんという漫画家をご存じでしょうか?もう10年以上前に亡くなられましたが「ちびっこ紳士」や「ほのぼのおじさん」など、タイトル通りの温かいほのぼのとした作風の漫画を主に新聞に連載されており、私も大ファンでした。 

私は高校時代にアマチュア無線の免許を取り、大学に入ってから無線をやっていました。アマチュア無線は、交信をするとその記念にお互いにQSLカードと言う交信証を交換します。ありきたりのデザインではオリジナリティが出ないので、私は佃公彦さんに手紙を書いて、私のQSLカードに是非「ほのぼのおじさん」のイラストを使わせてほしいと厚かましいお願いをしました。しばらくたってから奥様の代筆でしたが、丁寧なご了承のお返事をいただきました。それで作ったのがこのカードです。


その後、会社に勤めている時に、いろいろなご縁があって佃公彦さんと直接お会いする機会がありました。その時にこのカードの話をしましたら「急がないんだったら時間のある時に、ちゃんとしたのを描いてあげるよ」と言われました。実は家内もアマチュア無線の免許を持っており、結婚してからは二人でやっておりましたので、二人共通で使えるカードにするために「家族全員の入ったイラストをお願いします」と言って、ご親切に甘えることにしました。そのイラストを使って作ったカードがこれです。


無料で良いとのことでしたので、気持ちとしてこの辺の名産品を送りましたら、お返しに子供たちが遊べるブロックを送ってくれまして、かえって恐縮してしまいました。もう無線はやめましたが、佃先生のご親切は忘れません。原画は宝物として大切にとってあります。


補足説明ですが、無線局名の頭から3つ目の数字はそのアマチュア無線局のある地域を表します。大学時代は仙台でしたので東北地方の「7」、結婚してからはここ那須塩原(旧西那須野)ですので関東地方の「1」です。

2021/10/03

チロ(その59):なかがわ水遊園に行ってきました

緊急事態宣言が解除になって初めての日曜日です。娘も休みで天気も良かったので、お弁当を持って、チロを連れてなかがわ水遊園に行ってきました。休憩所の一番混む時間帯を外して1時頃着いたのですが、さすがに子供連れで混んでいて座れるところがありませんでした。皆さん、やっぱり今まで外出を我慢していたのでしょう。少し待って、やっと空いた席に座ってお昼を食べました。
 


その後、散歩に行ったら、濡れるのが大嫌いなチロが、どういう気分の変化か、川に入って遊びだしました。周りで子どもが何人も川に入っていたからかもしれません。水しぶきをあげて川の中を走りまわってました。


















2021/10/01

チロ(その58):台風で低テンション

今日付けで、コロナ対策の緊急事態宣言とまん延防止措置が半年ぶりに全面解除されました。ニュースによると、初日の今日は、待ちわびた人で飲み屋が混み合っていたようです。一方、台風が接近して、千葉県などでは河川の氾濫が発生しているようです。大きな被害に至らないことを祈ります。

栃木県も昨夜から雨が降り続いていますが、幸い雨風ともそれほど強くはありません。しかし雨の嫌いなチロは朝からテンションが低く、ほとんど寝ていました。ただ、夕食後、ソファーでふとんを掛けて横になっていたところにかなり強引にもぐり込んできて、しばらく一緒に寝ていました。普段はいくら呼んでも近寄って来ないのに、呼ばなくてもチロのほうからもぐり込んでくるのは本当に珍しいです。飼い主のご機嫌を取ろうと近寄って来たとは思えません。ソファーも自分のテリトリーだと思っていて、場所を取り返そうと考えて、抗議のために強引にもぐり込んできたのかもしれません。