2020/07/20

チロ(その9):挙動不審

3日前からチロの挙動が不審です。何かを怖がっているようで、普段は触られるのが嫌いで手を出すとサッと逃げて行くのに、触っても逃げるどころか脇にピッタリすり寄ってきます。リードを外してやると、普段は行かない2階の踊り場に行って隅に隠れています。いつもは昼間は居間にいても夜は外の犬小屋に寝るのですが、夜に外に出そうとしてもガンとして外に出るのを拒否します。体調不良には見えませんが、一昨日は全くご飯を食べませんでした。ちょうど雷を怖がっている時のようです。トイレは外派なので散歩には行くのですが、普段と違って全く道草をせず、トイレを済ませるとさっさと帰ってきます。

遠くで雷が鳴っていたとしてもずっと鳴りっぱなしということはないので説明がつきません。動物は天変地異を予知する能力があるものがいると言いますが、実際は予知ではなく人間には感じられない地磁気の変化などを感じ取っているのだと言う説もあります。何事もなく、単なる暑さによる夏バテくらいのことを祈ります。