2021/01/08

チロ(その30):夕食後の日課

とっくに夕食が済んだチロですが、我々の夕食が始まると、目がキラキラしてきます。我々の食事のところに飛んできて、チロ専用の減塩煮干しをもらい、その後にヨーグルトをねだります。ヨーグルトと言っても砂糖の入っていない酸っぱいプレーンヨーグルトです。一般的に傷んでいるものは酸っぱいので、動物は本能的に酸っぱいものは食べないと聞いたことがあるのですが、チロは酸っぱいプレーンヨーグルトが大好きです。おかげで、我が家の冷蔵庫には黄色い値引きシールの貼られたプレーンヨーグルトが常にストックされています。


それが済むと、廃棄予定のタオルや靴下の入ったカゴから何かを持ち出して、引っ張りっこの催促です。時々、台所の雑巾も持ち出します。体重ちょうど10kgですが、床がフローリングと違って滑らない絨毯ですので、四つ足で踏ん張るとそれなりの力があります。油断すると負けてしまいます。




これで終わってくれればいいのですが、まだ遊び足りないと別の物を持ってきます。昨日はチーズの入っていた空容器を見つけてきて、もっと遊ぼうよとの催促でした。気づかないふりをしていたら目の前まで持ってきした。ここまではかわいいのですが・・・




本気で引っ張りっこをして興奮してくると、鼻筋を立ててすごい顔と声になります。かなりの迫力です。これでも怒っているのではなくうれしくて喜んでいますので、手を出しても(一応は)大丈夫です。尻尾はブンブンで、耳はぺったんこの飛行機耳です。




満足すると私がこたつに入っている隣に来てひと眠りです。遊んでもらったので、義理でも飼い主にお礼をしなければないと思っているのでしょう。触られるのが嫌いなチロですが、こういう時は触っても逃げません。でも、飼い犬っぽいのはここまでです。

ひと眠りすると、次は例の『犬をダメにするクッション』に移動してお休みモードです。そうなるといくら呼んでも知らんふりで振り向きもしません。全くのマイペースです。